シロオビアゲハがしんのすけ

24時間交代の勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、看護師経験が浅い間は確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。個人的な話ですが、妻もまだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって悩みました。医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務する時間が不規則な上にハードな仕事内容であるということを理由に看護師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、案外、看護師資格は看護師以外の職業でも役立てられることがよくあるといいます。例として、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。一般的に人気が高いと思われる看護師ですが、独身の女性も多いです。具体的に調べてみると、看護師の結婚年齢は両極端だという事が判明しました。晩婚の理由として多いものは、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。どうしても、看護師という職業においては好んで煙草を吸う人が多くない印象がありますが、そのイメージ通りに平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。医療施設で働く職業上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識的に禁煙している人が多い状況だと想像できますね。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。それぞれの会社で給料が変わるものですが、その点は看護師にも同じことが言えます。町医者と総合病院とでは、どうしても年収にも差が出てきます。ですから、一般的な看護師の平均年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、詳しく見てみると夜勤の分の手当てによって稼ぎが多くなるという現実があります。仮に「いいお給料で看護師をしたい」というのならば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤がある勤務先を選択してください。夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、やっぱり、看護師として勤務していない時間があっても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと現場の人手不足の問題が根拠として挙げられます。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は上手くいけばたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。職場を変わられるときには看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、気を付けなければならないことがあります。その注意点とは、履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をどのように記入するかです。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、「ステップアップすることが出来そうだから」とか過去の経験を生かせそうだからというような、やる気に満ちたような内容がいいと思います。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、日本の医療を提供できたらという考えを持った看護師の方が増えています。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。海外で看護師とし働くためには、医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語を話せることが絶対条件になります。海外で看護師として活躍したいのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。医療現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など辛いことも多いですが、収入に面に注目すれば、他の職業より安定的に待遇が良いのが特徴として挙げられます。安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。こうした安定性と給与の高さから見ると、魅力のある職業だと言えます。街コンでは多数の方と知り合うことが出来ますが、看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。女の職場なので、男性と出会う機会が少なく、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。街コンの場面でも、看護師は人気があります。しかし、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、勤務形態が不規則なせいで、破局をむかえることが多いと言われています。一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。夜勤の時間帯については、2交代制か3交代制かでまた違っています。2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなります。対する3交代勤務の夜勤では時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。希望する病院がどちらの交代勤務で動いているのかを理解しておいてください。実際の看護師資格取得の難易度はどのくらいだと思いますか?資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、90%近くが毎年合格できているようです。試験そのものも、学校の授業を理解していればそんなに難しい試験ではありませんので、それほど厳しい資格ということも無いようですね。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは公立機関や国公立病院で働く以外ありません。実際、看護師の職業は専門的な知識や経験が求められ、安定した職種の一つであるとして高い人気がありますが、公務員のメリットを生かす事も出来ればさらに安定した職業になると言えます。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは魅力的ですよね。多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。その原因として代表的なものは、看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取るのも困難なのです。また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、職を辞する人も多いのです。基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは働いている職場で違うのです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、先にシフトが組まれていますので、休日勤務や平日休みになることが普通です。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。看護師は、患者と接しなければいけないので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮しなくてはなりません。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を第一にすることが良いでしょう。勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておきましょう。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意することが必要になります。中でも、女性の看護師は派手なお化粧は控えて、病院に適したナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。スッピンとはまた違って、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が変わることは間違いないでしょう。外科勤務の看護師の、考えられる良い側面と良くない側面を理解しておきましょう。手術を受ける前の患者や術後の患者の看護を実践することで、とても勉強になります。マイナス面としては、担当患者が短いスパンで変わっていくため、腰を落ち着けて患者のケアを行えないことが挙げられます。シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。でも、ここで気を付けたいことは、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して収入が少なくなることが多いようです。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。世間では、看護師はよく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間一般では印象良くとらえているという人が多いでしょう。ですが、実際の看護師の働き方を見てみると、もちろん待遇はそれなりですが、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気のために一度看護師を辞めています。ですが、病気が完治するとすぐに現場に戻り、今も看護師の職についています。数か月間、仕事から離れていても、有利な資格があれば復帰も早いと思います。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、対人関係の問題や交代制による不規則な勤務形態があります。看護師には女性も多いので、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも多いのです。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのも良いと思います。新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみてもなかなか見つからないという方は、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。実際の求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、場合によっては、病院が内実に何歳以下だけを採用すると設定していることもあります。中でも、30歳以上で未経験の場合、厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人看護師候補生という方々を受け入れています。ですが、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。就労中に日本語を学び、また、看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、医療機関以外に看護師として働ける職場に保育園があることを知っていますか?保育園を職場にするのは、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、ぴったりの職場でしょう。仕事の内容は、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという大切なものです。普通、看護師としてキャリアを積んでいくと地位が高くなっていきます。婦長といえば比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、また別に主任などの役職があるのです。最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも珍しくありませんので、国家試験をパスした正看ともなれば上の役職であることは理解できると思います。当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、配属先の科によって、看護技術や処置の方法も異なります。看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、多くの意見を参考にしながら多くの事を学べる機会です。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人看護師の意欲も湧きやすいようです。看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必要不可欠になります。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、看護学校の受験合格を目指した予備校も人気があるのです。正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信過程で学べる学校がいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。看護師の資格を取得するには主に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。それに対して、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。