石津の教(さとし)

引っ越すのは来月なのですが、荷物の中にピアノを入れるか持っていかないで処分してしまうかを考えています。ピアノを弾くことはないので、ピアノもかわいそうかもしれません。一方、捨てるというのも粗大ゴミにもならないと思うし、悩みは尽きません。譲渡先があれば良いのですが、引き取り手はそうそう現れません。この間、引っ越しまして、当日までの準備は大変でした。それまで住んでいたのはマンションだったので、引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。業者さんに頼まなかったものは何日もかけて何回にも分けて台車に載せ転居先に運びました。本当に、台車にはお世話になりました。けっこう多くの世帯で、引っ越すときに日常生活の細々したことを改めて考え直すものですが、日頃見落とされがちなNHK受信料についてもこれを機にちょっと考えてみませんか。引っ越しをきっかけにテレビのない生活を送るならば、受信料を払っても単なる無駄金になるわけで、受信料が引き落とされているならそれを止め、NHKとの契約を終わらせる手続きを思い切って実行しましょう。荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、当日慌てる羽目になることもあるようです。準備のためには、前日までに庫内にものがないようにして、スイッチも全て切って下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てれば準備は完璧です。ですから、庫内のものは前日までに食べきれるようにして、冷蔵や冷凍のものは買わないように努め、しばらく冷蔵庫を使えない状況に備えましょう。待ちに待った年金生活ですが、生活が大きく変わることは避けられません。思い切って、環境も変えてみませんか?今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、生活パターンが大きく変われば、合わない点が徐々に現れるかもしれません。とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。ここで思い切って、住環境を変えてみるのも選択肢の一つでしょう。一世帯がまるまる引っ越すとなると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。一日作業に費やすでしょうから、あらかじめ終わらせておけることがあれば終わらせておけば当日の負担が減ります。引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことをどんなことにも優先して終わらせておき、当日使うことが予想される荷物は、運び出す荷物とは分けて使いやすくしておいた方が良いでしょう。業者に支払う引っ越し費用は、引っ越しの内容が変わらなくても時期が決めるといっても過言ではありません。旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は繁忙期で依頼が重なるため基本料金からして高くなるようです。もしできるなら、いわゆる閑散期に引っ越しを実現できるとどの業者でもお得に引っ越しできます。業者によっては、時期によって倍近く費用が違うところもあります。今どきのマンションやアパートでは隣に住む人の顔さえ知らなくて済んでいるのがおかしいと思わなくなっています。とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、大変なことがあったときに助けを求められるような関係は保っていた方が良いでしょう。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に挨拶に行くことがまず必要です。とんでもない数のものが身の周りにある生活を日常としている方には、その方の引っ越しを困難にしているのは所有するものの整理と荷造りでしょう。量の多さが途方もなく、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすれば引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、引っ越しを一つのきっかけにしてとことん処分してしまえばぐっと整理が進むはずです。自家用車も一緒に引っ越しする場合、自動車についても住所変更手続きを求められますが、そのときナンバープレートも変更になるかと気にする方もいるでしょう。日本全国どこでも、ナンバープレートの変更があるかどうかはどこの市区町村に転入するかによって決まります。引っ越す前の居住地と同じ管轄内ならばナンバーは変わらなくなります。陸運局の管轄地域が異なる場合、当然、ナンバープレートも変わります。ライフスタイルが変わってテレビでNHKを見ることがなくなったなど、もう受信料を支払わないと申し出ても、NHKの受信機がないことを証明させられるなど、面倒な手順を踏まなければなりません。また、受信料を口座引き落としにしていると、解約の手続きが全て終わるまでは容赦なく受信料が引き落とされます。時間には余裕を持って解約に向けて動かなければなりません。居住地を変えることにより、あちこちに届け出をして使い続けるために、変更することになるものもあります。固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。NTTに住所変更の申し込みをして引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを知っておくことが大事です。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、市内局番のエリアが変わらない転居であれば、電話番号を変える必要はありません。この町の会社に勤めはじめた10年前に、現在住んでいるアパートに引っ越しました。ここにいるのはせいぜい3年で実家に戻るつもりだったので、実家に住民票を置いたままにしていました。けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で思ったより長居してしまい、結婚の話も進んできました。今住んでいるところの方が税金が安いのも事実で、これから住所変更しても悪くないかと思っています。転居に必要な手続きの一つは、インターネット回線のプロバイダーへの連絡です。当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、そういう話は実際にあるのです。引っ越しが多い時期だと工事が数週間待ちという話もよく聞きます。プロバイダーに移転の連絡をするだけでも、早急に行ってください。引っ越しは段取りが一番大事です。数と大きさを考えながらダンボールなどの梱包材を揃え、梱包作業を順次行ってください。引っ越すときまで使うものが紛れないようにしておき、ざっと分類して順次ダンボールに詰めましょう。何を入れたか、ダンボールの外側に書いておくと荷物を開くときに役立ちます。電気、ガス、水道、電話など、ライフラインの移動手続きももれがないよう早めに進めてください。安全で快適に暮らせる環境とは、家や部屋の中だけではありません。隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。その第一歩として、引っ越しの時の挨拶はその日中に終わらせましょう。おみやげを用意した上で訪問することを忘れないでください。長々と訪問する必要はありませんから良い印象が伝わるようにしましょう。どんな人間関係も、第一印象で決まります。私たち一家の引っ越しの時は1歳の子供がいました。こんな幼い子供でも今までの環境と違うことは感じているもので少しストレスを感じていたようです。子供のものも知らぬ間に増えていたので使わないものを思い切って処分しました。仕分け作業のときに母子手帳を取り出して、これまで書いたところを読みましたが、それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。社会人になったばかりの頃は友達と二人で部屋を借りて共同生活していました。ペット不可のアパートが圧倒的に多く猫と一緒に住みたい友達はその条件をクリアするのが大変でした。不動産屋さんも何軒か回ってやっとのことで物件が見つかりました。早速入居できたので猫のためにも本当に良かったです。引っ越し専門業者として伝統もあり、着実に実績を築いているのがパンダマークの引っ越しのサカイになります。170社以上の支店を全国展開しており、自社の保有車は3500台超で、多様なニーズに応えられる引っ越しを用意しているのです。幅広いニーズに応えられるよう、スタッフの仕事も一定の水準を保っているので安心して引越しを任せることができます。何月何日何曜日に引っ越すかによって、業者に支払う金額はずいぶん変わってくるようです。学校や職場が変わり、引っ越す人も増える春先は引っ越す日や曜日にかかわらず、費用は高くつきます。同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。そうは言っても、引っ越しする時期や曜日を変えることは難しいものです。情報はいくらでも手に入ります。引っ越しの総合案内サイトもありますので無料サービスとして、見積もりを出してもらうことも簡単に行えます。費用面も含め、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を見つけ、費用を少しでも抑えていくべきです。どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。簡単に入手できるものばかりですが、引っ越し業者に依頼した場合、契約時におまけとして、梱包用グッズを必要な分だけもらえることが多いのです。契約が成立すれば無料なのに早まって買ってしまったということにならないよう、まずは見積もり依頼の時にどうなっているのか知っておきましょう。単身世帯の引っ越しでは、通常のサービスを使って引っ越すより、単身者専用のサービスを探してみると費用もコンパクトにできます。多くは専用コンテナに荷物を収めるので、大して荷物が入れられないという思い込みがありますが、思いの外、多くの荷物を入れることができます。コンテナに荷物が入りきれないならば、残りは宅配便などの利用を考えましょう。住民票を動かすと、絶対しなければならない手続きに含まれるのが運転免許証の住所変更を申請することでしょう。いろいろなところで、写真付き身分証明書として運転免許証が使われるので引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を窓口に出し、届を書き、少し待っていればすぐ変更できます。新居を建てて、数年前に賃貸から転居しましたが、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう全力を尽くしました。引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。衝撃でデータが壊れてしまわないよう詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、データもハードウェアもそのままで運搬され、外側も傷など全くありませんでした。一回引っ越ししてみれば誰でも思い当たることでしょうが、転居する前に、ガスを解約する必要があります。自分の引っ越しでも経験してきたことですが、解約自体が大変ということはありません。ただし、万が一、解約を忘れると、転居後に使われた分も請求されてしまいます。抜け落ちないよう注意しましょう。こうしたケースでは、引っ越した後もその月の使用料は全て料金を請求されるのが普通です。地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、どうしても荷作りに手間取ってしまいます。単身者が引っ越す場合、私の経験では値が張るのは覚悟して、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うと問題なく荷物を運べるのです。無料で手に入るスーパーのダンボールや、クラフトテープと比べれば丈夫さが全く違います。荷物を無事に運ぶためには欠かせないものなので、何とか手に入れたいものです。一番最近の引っ越しは結婚したときですが、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスを使ってみました。全面的に専門の業者に任せた引っ越しなど初めての経験で、電話では本当に緊張していました。最初から最後まで、それぞれのスタッフの方に対応もしっかりしており、どの作業も丁寧だったので安心して全ての作業を任せられました。次回引っ越しするときはまた状況が変わりますが、そこでもお願いしたいというのが率直な気持ちです。引っ越しの荷造りで大変なものといえば、食器は数も多く、とても面倒です。必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、包み方や詰め方を一歩誤ると運搬中に破損する危険性が高まります。。繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように梱包全体に厳重な注意を払うと破損の可能性はかなり低くなります。いろいろな引っ越しがありますが、どんな場合でも生活の様々な点で変化が起こり何かとお金が出ていくので引っ越し作業については節約に努めたいものです。少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。割引サービスがある場合、その条件としていわゆる引っ越しシーズンを上手く外せば閑散期料金になるシステムが大半なので、閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)が多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、おなじみの業者の一つでしょう。昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、会社名は引越社、引越センターに決まっていたのが当然だと思っていました。ですが、今は運送会社の多くが一般家庭を対象にした引っ越しを扱うようになっています。おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように有名な会社なら、引っ越しも安心して任せられます。